FC2ブログ

2007年03月

ここでは、2007年03月 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ペニーオークション
フリーメール取得先 hotmail.canmail ヤフーメール スポンサー広告 | Page Top↑
あやかの秘密の行動をとっても恥ずかしいのですが勇気を出して告白します。
0331.jpg

私は前から家の外で恥ずかしい恰好をするのが好きで、ついこの間も下半身に何もつけない恰好でドライブしてしまいました。
家を出る時は普通の恰好をしていたのですけど、夜になって家へ帰る時、なんとなくHな気分になっちゃって、ちょっと冒険してみようと思ったのです。

それで車の通りが少ない道に車を停めて、はいていたジーパンと下着を脱いでみました。そして、その恰好のまま車を走らせました。
普段と違う違和感と、大型の車が来たら見られてしまうのではないかと思うと興奮してしまいました。

信号につかまる度に視線を落としては、何もつけてない下半身を見て興奮していました。
大きな通りから路地へと入った頃には触らなくてもあそこが濡れているのがわかりました。
私はたまらなくなってしまって、暗くて路上駐車が多い路地に車を停めて、下半身裸のまま車を出ました。
そして、車と車の間にしゃがみこんでたまらずオナニーしてしまいました。
興奮していてすぐにいってしまいました。



スポンサーサイト
[PR]

ペニーオークション
フリーメール取得先 hotmail.canmail ヤフーメール セックス日記 | コメント:1 | Page Top↑
昨日の赤裸々セックスを報告しますね♪
相手は32歳の営業マンの正二さん。出会ったサイトはここです♪
0330.jpg

仕事終わりに軽くお茶をしてホテルに到着して玄関の扉を閉めてすぐに正二さんは私を抱きしめて激しいキスを浴びせてきます。そしてそのまま部屋の中へ。いったん唇を離し今度は後ろから、正二さんは抱きしめてきます。

正二さんのあそこが大きくなっているのがハッキリとわかりました。
私の首筋に唇を這わせながら胸をまさぐり、そして乳首を刺激します。
「もうこんなに硬くなってるよ。」
「だって欲しかったんだもん・・・・・。」

そして正二さんの指がスカートの中に入り、更にパンティーの中へ・・・
「あやかちゃん、もうこんなにぐちゃぐちゃだよ。」
「いやん、恥ずかしい・・・。」
私はアッという間に全裸にされてしまいました。
そして抱き抱えられソファーに座らせられました。

「あやかちゃん、脚を開いてごらん」
「うん・・・。」
正二さんは両手で乳首を刺激しながら私のいやらしいお汁を美味しそうに舐め始めました。
「あんっ、気持ちいい!!。」
「美味しいよ、あやかちゃん。すごいよ一杯溢れてくるよ!!」

そして更にクリトリスを激しく舐めたり吸ったりします。
正二さんはものすごくクンニが上手でいつも私は5分もかからずにイッてしまいます。
「あっ、もうイッちゃうーっ!!」そしてアッという間にいかされてしまいました。

私がソファーの上でグッタリしていると正二さんは抱き上げてベットへ。
そして休む間も無くまた、執拗なクンニ。
何回イかされたのかは覚えていません。

頭がボーっとしたまま今度は私が正二さんのち○ぽを舐めつつアナルの方までゆっくりと攻めていきます。
「あっ、そんな所まで・・」
「あやかちゃん最高だよ!!。」
正二さんのち○ぽの先からも、イやらしいお汁が溢れてきます。
そしてとうとう我慢できなくなった正二さんは起きあがり後ろから私の中に一気に入って来ました。
「あやかちゃん、俺すぐイっちゃいそうだよ!!。」
「お願い来てーっ!!。」
二人ともすぐにイってしまいました。
もちろん、少し休んでもう一度しましたが・・・。



ペニーオークション
フリーメール取得先 hotmail.canmail ヤフーメール セックス日記 | コメント:2 | Page Top↑
ちょっとお久しぶりかな。週末また楽しいセックスをしてきました(笑)
先週の土曜日に3.4通ぐらいメールのやりとりをして
感じが良さそうだったので早速当日の夜会う事になりました。

会ったのはフリーターのひとし君24歳です。

あやかすごくお腹減ってたのでファミレスでデミグラスハンバーグを食べました♪

満腹でホテルについてお風呂出てベッドに横になるとひとし君はニコッてほほえんでキスをしました。
キスでつながったままひとし君はバスローブの上から優しく胸をなでました。ひとし君の息づかいはだんだん激しくなってバスローブをぬがせてあやかの上に覆いかぶさって胸にしゃぶりつきました。
乳房をほうばったまま乳首を舌で転がされてあやかは声をもらしてしまいました。

今度はひとし君が上のまま69。固い舌であやかの一番敏感な部分をぺろぺろなめます。耐えられなくなったあやかはひとし君のものを口から引き抜いて「ああんあんっ、ひとし君、あぁんっ」とたくさんの声を出してしまいました。
 するとひとし君は「あやかちゃん・・・」といってものすごい音を立ててさらに激しくなめまわしました。ぴちゃぴちゃちゅぱちゅぱっじゅるっじゅる~。
 理性や感覚を失いそうで体を痙攣させて何度も何度もいってしまいました。

 もうあやかは死にそうでやっとひとし君は体を起こしたかと思うと今度は。
 あやかの脚をいっぱいに開かせたまま指をあそこに入れてきました。どんどん本数が増えて右左3本ずつ、計6本の指を出し入れしました。
 ひとし君のごつごつした6本の指が激しく出し入れされてぐちゅぐちゅといやらしい音をたてているのが丸見えではずかしかった。
 ひとし君は「あー、すっげぇ、あやかちゃん、すっげぇな」といいながら息を荒げてました。

「あやかちゃん、あやかちゃんが上になって自分で入れてみて」といわれ、そのとおりにしました。「動いてみて」っていわれて自分で動いてみました。
「あやかちゃん、きもちいよ」といってくれました。すると突然ひとし君がものすごい勢いで下から突き上げました。あまりに不意でひとし君のものが信じられないくらいあやかの奥深くに突き刺さりました。

激しく激しくひとし君は下から何度も突き上げます。耐えられなくなったあやかはひとし君のうえに倒れこみました。今度はひとし君はあやかのあそこを手で押し広げたまま再度突き上げました。

再びひとし君のものがあやかの奥に押し入り、激しい出し入れであやかのあそこは摩擦されてぴくぴくしはじめました。部屋中にぱんっぱんっという音が響きました。
あやかもいきそうになるとひとし君は「あぁー、あやかちゃん、あやかちゃんあやかちゃん、うぉおう、ああー」といってあやかの体を引き寄せて果てました。
 ゴムはしてるけどひとし君はあやかの一番深いところで出してくれました。ひとし君がびくんびくんしてるのがわかりました。
ペニーオークション
フリーメール取得先 hotmail.canmail ヤフーメール セックス日記 | コメント:1 | Page Top↑
昨日もサイトで会ったワタル君とセックスをしました。
0322.jpg

喫茶店で待ち合わせをしました。
ただお互い疲れていたので軽くお茶をしてすぐにホテルに入りました。

シャワーをお互いに浴びた後先にベッドに入っていたワタル君に促され、あやかが横に入っていくとお互い待っていたかのようにねっとりとしたディープキス。もうそれだけで濡れてきちゃってました。

ワタル君はあやかの手をつかみ自分の股間へ促し握らせ、もう一方の手であやかのアソコをまさぐり始めました。
「あやか、もう濡れてる。エッチだなぁ。ほら、ぐしょぐしょだよ。」
ワタル君は指をあやかの中に入れてわざと音を立てます。
その音と言葉でますます濡れてきたあやか。

あやかにMッ気があるのを知ってるワタル君は、少し乱暴に、ちょっと強引に足を絡ませてあやかの足を広げ、クリを攻め続けます。
「あ・・!あぁ~ん!」
我慢できずに声を出していたら、握らされていた彼のモノが硬く熱くなってきました。

体勢を変え、あやかの足を抱えて広げると、彼が一気にあやかの中へ入ってきて何度も突き上げます。
「あやかのおまんこ、すっげぇきつくて気持ちいいよ。」と言われても、「あぁ~あっ!あぁっ!あっ!ああっ!」
あやかは喘ぎっぱなしで言葉になりません。

「はうっ!あぁぁぁ~!ワタル君の大きいぃ!こわれちゃうぅ!」
「あやかのおまんこ、ちっちゃいし締め付けきつくていっちゃいそうだよ!」
何度か体位を変えて突かれた後、彼はあやかのお腹の上に出しました。

翌日も朝からソファで何度となくキスしながら胸やアソコを指で責められ、その度にすぐぐしょぐしょになるのでワタル君は
「あ、またこんなに濡れてる。いやらしいなぁ、あやかは。」
「クリもこんなに大きくなってる。おまんこもぱっくり口開けてるよ」
言葉で攻め続けた上に、「ほら、こんなにぐしょぐしょだぞ。自分の愛液なめてみろ。」とワタル君の濡れた指をあやかの口へ無理矢理突っ込みます。
「いやぁ!うぅっ!」
嫌がってもアソコはさらに濡れてきて。
そのあとも指で責め続けられあやかはイッてしまいました。

お返しにとあやかがワタル君のをしゃぶってあげてたら、突然抱き上げられベッドへ連れて行かれました。
後ろから突かれたり、あやかが上になったりの後、ワタル君がいったんあやかから離れ、
「ちょっとこっちへおいで。」と大きい鏡の前にあやかを立たせました。
「壁に手をついて。」と言ったと同時に後ろから突いてきました。
「あっ!あああぁ~ぁっっ!!」
「ほら、ちゃんと自分の突かれてるいやらしい姿見ろよ。」
「うぅっ!あぁっ!はぁぁっ!あ~っ、もうだめ・・・」
ワタル君の責めに立ってられなくなったあやかをワタル君は抱きかかえ再びベッドへ。
それからもいろいろな体位で攻め続けられました。なかなか味わえない気持ちよさでした。
ペニーオークション
フリーメール取得先 hotmail.canmail ヤフーメール セックス日記 | コメント:3 | Page Top↑
昨夜は竜也君と会いました。
0322.jpg

この日は会社の制服を着て行きました。
そして映画館の前で待ち合わせをして、最近ハッピーフィートというとてもかわいいペンギンの映画を一緒に見ました。
映画館を出たら達也君があやかの手をとってそのままホテルに向かいました。

部屋に入ると二人でソファーに並んで座ってテレビを見ていたのに、気付くと竜也君は私の後ろに回りこみ、後ろから抱っこしてきました。
うなじにキスしながら、リボンタイの片方のボタンだけを外し、右手をブラウスの中に入れ、ブラの中へ。乳首をクリクリいじり始めました。
左手は内太ももを擦りながら・・・。

耳元で「あやかちゃん、制服姿かわいいよ・・・」ってはぁはぁ息を荒くしてるし。
竜也君は「あやかちゃん・・・かわいい・・・素敵だよ・・・」と途切れ途切れ。耳元で囁き、耳を舐めてくれました。

ベストとブラウスの前ボタンを全部外し、ブラを上に押し上げ、下から上へ、外から内側へ優しくおっぱいを揉みます。
時々人差し指と中指で乳首を挟んだり、親指と人差し指で摘んだり、中指の先で回したり・・・。

おっぱいに集中していた手が、右手だけまた、私の内太ももを擦ります。私が足を閉じれないように、竜也君の足を私の足にからめます。
大股開きでおっぱい丸出し、上半身を反り返らせ竜也君に身を任せる。
首筋に舌を這わされ、内太ももを撫でてる右手は器用にパンツのギリギリの所で引き返す。私は声を出さないように、口を閉じ、鼻で大きく呼吸してました。

「声、出しちゃダメだよ・・・」そう言いながら、右手はパンツの上から縦にゆっくり擦ります。
「もう濡れちゃってる」耳元で言われると、もう我慢の限界。
「お願い・・・はぁ・・ちゃんと触って・・・」
横から指を入れて、もうぐちょぐちょのお○んこを擦ります。
「制服汚れちゃうから、脱ぎたい・・・」そう言っても、脱がせてくれません。

スカートが愛液で汚れないように、スカートをたくし上げパンツを膝まで下げたら、器用に足で下まで下ろされました。
私は片方の足だけパンツから抜いて、また竜也君の足に押さえ付けられました。
乳首とクリを攻撃され、私はイってしまいました。

それでも辞めてくれない竜也君。
「あぁ~・・ん・・はぁ・・・あぁ~」思わず声が・・・。
乳首をいじってた左手が、私の口を塞ぎます。

私は竜也君の左手をとり、指フェラをしました。
お○ん○んと同じように、指先を舌先でチロチロしたり、ぱっくり咥えて、舌を這わせたり・・・。
竜也君の方も我慢できなくなった様で、
「あやかちゃん・・・して・・・」っておねだりされちゃった。

ソファーを枕のようにして頭を乗せ、竜也君にまたがせました。
裏筋をゆっくりゆっくり舐め上げ、左手でタマをいじり、右手で先を回すように触っていると、もう我慢汁が。
今度はぱっくり咥えて舌先でチロチロしながら、右手でしごきました。
そしてゴムを着けて正常位で挿入。私は犯されてるように、中途半端に制服を着たまま。

征服を着たままそのまま5回ぐらいイカされてしまいました(笑)
ペニーオークション
フリーメール取得先 hotmail.canmail ヤフーメール セックス日記 | コメント:1 | Page Top↑
先週末先月からメールやりとりしてました幹夫さんと会いました。
0319.jpg

既婚者ですが、やさしい文章で、おいしいものが大好きというところですごく気があったのです。

会ってみると、想像通りの人で、楽しく食事をしました。
ちょっと、ショッピングデートをしたんですが、雨が降ってきたせいもあり、すぐホテルへ行ってしまいました。

ホテルに入って、最初はおしゃべりしてたんだけど、そのうち幹夫さんがシャワーに立って・・・交代でシャワーに
入ってから、二人でベットで微笑みあいました。

まず、幹夫さんはDキスしてから、全身を丁寧に舐めてくれました。
耳やわきの下、手の指、手のひら・・・そして特に、あやかのCカップの胸を丁寧に丁寧に、、、
乳首は先っぽの方を舐めて、たまに、やわらかく噛んでくれて・・・両方の乳首をを交互に何度も何度も
噛んだり転がしたりしてくれました。
空いてる胸は、もちろん指先で、つまんでは離し、たまに爪でやさしく、先のほうをつねってくれるの。

そして、そのまんま、手は下に・・・指で、クリをやさしく転がして、あやかの濡れたアソコにたまにゆーくり、
入れては出し、入れては出して・・・そのたびぐちょぐちょ音をさせるの。
その間も、ずーと胸を愛撫してくれてるんです。もう、あやかは、声を出しっぱなし。

そして、あやかの頭がぼうっとしてきたら、足を広げて、わたしのあそこをじっくりと見ながら、丁寧に舐め上げてきました。
すっごい濡れてるよ・・・って言いながら・・・シーツはすでにびしょびしょなのに、かれの舌で、もっともっと出てくるの。
また出てきたよ、スゴイ敏感で感じやすいんだねって、ささやかれて。

・・・たまに舌先をそっとあそこに入れて、またクリに戻って、全体をペロペロ濃厚に愛撫してくれるの。
電気は普通の明るさのまんまだから、あやかのアソコは丸見え。
見られてることで、あやかは一層感じちゃって・・・そして幹夫さんはあやかの手を導いて、自分でアソコをひろげさせるんです。

あたしは、もっと舐めてほしくって、自分から、アソコをひろげて、明るい部屋の下に、さらしてしまったの・・・
そしたら、幹夫さんは舌先を中に入れたまま、その入り口を丁寧にちょっと激しく舐まわしてくれました。
空いた手はもちろん、クリをころがしてくれてました。

そしてついに幹夫さんは指をアソコに・・・今度は激しく、出し入れしてきました。
強い刺激に、あやかはイキっぱなし。
初めてのエッチなのに、あやかのGスポットを的確に刺激してくるの・・幹夫さんの指だけで、あやかは潮を吹かされてしまったの。
明るい部屋で、足をひろげ、自分であそこを広げた、あられもない格好で・・・

そんなあやかを、幹夫さんは冷静な目でズット見続けて・・・あんまり、いやらしいことも言わずに、いきまくるあやかを見ているの・・・
そして、始まってから、1時間以上経過してから、幹夫さんは入れてきました。
正常位で足を肩にあげさせれて、激しく突かれて・・・わけのわからないまま、大声を上げてイってしまいました。
もう、何度いったんだかわからなくて・・・

そして、終わったあとは、気持ちが治まるまで、ずっと抱きしめてくれて・・・2時間くらいかかった、最高のエッチでした。
それを、2回もやってくれて・・・ホテルを出たのは入って6時間後くらいでした・・・
ペニーオークション
フリーメール取得先 hotmail.canmail ヤフーメール セックス日記 | コメント:3 | Page Top↑
昨日サイトで出会った純一君と会いました。
0316.jpg

まずはお茶をして、お互いの学生時代のことで盛り上がって気持ちがほぐれたので純一君と手をつないでホテルに行きました。

部屋に入ってすぐに胸と口を攻められて,強引に押し倒されました。
さすがに「いやっ。」って言っちゃったけど内心嬉しかった。
セーラー服の上脱がされて上半身ブラにされて,なんと!手錠(おもちゃだけど・・・)かけられて,
彼の部屋のベッドに仰向けで寝かされました。
手錠したあやかの手を枕の下に入れて,その上からガムテープでしっかりとめたの。
抵抗したんだけどかなわなくって・・・

ブラはずされてあやかの胸(たいしてでかくないけど)見て立っちゃったみたい。
「いやっ・・・ちょっと・・・」喘いじゃった。
「オレはあやかの全てをオレだけの物にしたいんだ。」と純一君。
すると純一君の手はあやかのあそこに・・・
まだスカートと下着をはいてたので,純一君は両方をはぎとるようにして
あやかは全裸に。

純一君は,あやかの脚を広げてガムテープで固定。
あやかのおまんこ大公開!(恥ずかしかった)
純一君は携帯を持ってきてあやかのあそこに押し当てると,
「何すると思う?」あやかは解ってたけど「なに?!」と答えた。
純一君は携帯のボタンを5,6回押した。
「あっ・・・いやっ,ああーん・・・はっ・・・ああっ・・・」
そう。純一君は着メロを鳴らしてそのバイブであやかをいかせようとしてたのです。あそこはびちゃびちゃ。
もういきそうになったとき,純一君のものが・・・
「あっ・・・」

純一君うまいんです。4回もいかされあやかはダウン。
でも純一君がいってないからつきあわされて・・・
痛いというより気持ちいい。
純一君が外で出してあやかのおまんこをぺちゃぺちゃ・・・
10分ぐらいなめまわされました。

やっとガムテープと手錠とってくれてあやかは自由に。
最後に純一君のをしゃぶってあげて全部飲みました。






ペニーオークション
フリーメール取得先 hotmail.canmail ヤフーメール セックス日記 | コメント:3 | Page Top↑
週末とても刺激的な赤裸々なエッチをしたので報告します。
0313.jpg

週末何回メールのやりとりをした隆二君とclubへ行きました、

2時間ぐらい話をしてたら隆二君が
「暑くなってきたらから外へ出てみようか」と言われ、一緒に外へ出て、後ろからだっこされるような形で二人で座りました。
隆二君は背が高く、たくましい腕で抱きしめられ、あやかは気持ちよくて力が抜けるような気分になりました。

しばらくたってclubへ戻ろうと二人で歩き出した時、隆二君がビルのエレベーターを発見しました。
ボタンを押すと扉が開き、二人で中に入ってみました。
静かに扉が閉まり、隆二君はあやかを優しく抱きしめました。
そして隆二君は、大きな手であやかのおしりをスカートの上からさわり始めました。
あやかはすっかり気持ちよくなり、おまんこが濡れてきてしまいました。
思わず「気持ちいい・・・」と言うと、隆二君はスカートの中にゆっくりと手を入れ、
パンティの上からおしりをさわり始めました。

そして、隆二君の手はパンティの上の部分をつかみ、ゆっくりとあやかのパンティを下ろし始めました。
太もものところまでパンティを下ろすと、おしりをさわり始めました。
隆二君はあやかのスカートをめくり上げ、肩ごしにあやかのおしりを見ながら
「丸見えになっちゃってるね」と言いました。
あやかはもう濡れ濡れです。

隆二君の手がゆっくりと前の方にきて、あやかのおまんこをさわり始めました。
あやかは足をぴったり閉じたまま立っていて、隆二君の手があやかのまん毛を包み込むような感じでさわり、とってもいやらしい感じがして、
あやかはもうぐっしょり濡れてしまいました。
「足を開いて・・・」と言われ少し足を開くと、隆二君はパンティを膝の少し上あたりまで下ろしました。クリトリスをさわられて
「あぁ・・あぁ・・・」と声が出てしまいました。
そして隆二君はわざと音がするようにおまんこをさわり、エレベーターの中にその音がいやらしく響きわたりました。
「ピチャ、ピチャ、ピチャ、ピチャ・・・・・・・」
「いっぱい出てきたね・・・何が出てきたの?」
「・・・・・・」
「まん汁でしょ?まん汁って言ってごらん?」
「・・・ま・ん・じ・る・・・・」
「後ろ向いてごらん」と言われ、あやかは後ろを向き、エレベーターの壁にもたれかかり、足を開いてちょっとおしりを突き出すような形で立ちました。
隆二君は右手でおしりの方からあやかのおまんこをさわり、左手で胸をさわってきました。あやかはもう動けません。
「はぁ、はぁ、あぁん、あぁ~ん、あぁぁ・・・」
「どこが気持ちいいの?どこが気持ちいいのか言ってごらん?」
「はぁ、はぁ、・・・お、お、おまん・・こぉ・・・」
隆二君はしゃがんで、おしりをじーっと見て、
「おまんこが丸見えだよ」と言いました。
隆二君はズボンをおろしたのですが、外で人の声がしたので急いでズボンを上げました。
そして、あやかをくるっと前を向かせ、しゃがんだままあやかのびっしょりと濡れ、たくさん汚れたパンティをじーっと見ながらゆっくりと上げ、レースで透けてるあやかのまん毛をじーっと見てから、二人でclubに戻りました。
中に入るとあやか達はバラバラになり、隆二君の姿は見えなくなりました



ペニーオークション
フリーメール取得先 hotmail.canmail ヤフーメール セックス日記 | コメント:5 | Page Top↑
ちょっとご無沙汰してました。週末色々×2とバタバタ
してました。詳しくはまた報告します♪

あやか実は3Pしてみたい願望があります☆
0311.jpg

最初は
両側から2人の男性に抱かれ、2人に首筋や顔じゅうを舐められたり、キスされたりします。
そして2人と交互に何回もディープキスをします。
キスは大好きで数えきらない程します。

あやかが2人を攻める!
あやかが2人のおちんちんを手やお口で攻めるんです。
両手で2人のおちんちんを握って、しごいたり同時に、又は交互に舐めまくります。
そして2人共イクまで交互に延々としゃぶり続けます。
あやか、おちんちん舐めるの大好きです。

あやかが2人に攻められる!
両側から2人におっぱいを揉まれたり、舐められたりおっぱいを揉まれながらおまんこを舐められたり・・・
2人におまんこを舐められたり、指を入れられたり。
1人におっぱい、もう1人におまんこを舐められたり・・
1人とディープキスをしながらもう1人におまんこを舐められたり・・・etc
2人の男性に指と舌で色々と攻められます。
同時に男性2人に攻められて頭が真っ白になったり。

3人でお風呂
3人で一緒にお風呂に入ります。
狭い浴槽で3人で抱き合い、いろんな事をします。
キスをしたり、攻めたり、攻められたり・・・
男性に挟まれてすっごくキモチいい~!

セックス
1人にバックから入れられ、もう1人のおちんちんを舐めたり、2人におまんことお尻に同時に入れられたり・・・
同時に上と下、前と後ろに入れられ、もうキモチよくて、キモチよくて。
穴とお尻に同時に入れられて何度もイカされてみたいです♪

ペニーオークション
フリーメール取得先 hotmail.canmail ヤフーメール セックス日記 | コメント:5 | Page Top↑
昨日仕事帰りに1ヶ月前ぐらいからサイトでメールしている勝己さんと会った話を聞いて下さい。
0307.jpg

駅前の交番の前で待ち合わせをすると
あやかに「仕事帰り?」と声をかけると自然に手をつないできました。
最近彼氏もいなくて、手をつなぐなんて久しぶりだったので、なんだかどきどきしてしまいました。
しばらく手をつなぎ、歩きながら話しをしていたら、今度は壁にあやかを押しつけ、激しいキス。
勝己さんと壁に挟まれ身動きがとれません。最初は拒んでいたキスもいつの間にか一緒になって舌を絡ませていました。
そのキスが首へ手は胸へと下がっていきます。

そのうちズボンの上からでもわかるくらい大きくなった男の人のモノがあやかの下半身に押しつけられてきました。
キスしてた場所は人目につきそうな道だったので、そのまま近くのホテルへ・・・
部屋に入るなりその男の人はズボンを脱ぎ、あやかにくわえさせました。
あやかもだんだんその気になってきちゃって夢中になってしゃぶっていました。
どれくらいの時間舐めていたかわかりませんが、
「お口が疲れちゃったからもう舐めれない」とあやかが言うと、普通なら挿入のはずなのに、
男の人はあやかを押し倒すと、あやかのお口をまるでおまんこのようにピストン運動。
これは辛かった・・・おちんちんが喉の奥まで入ってきて、苦しいしむせるし涙出るし。
最後はあやかが一生懸命舐めてあげたら、
「あっ・・・気持ちいいよ・・・出るっ・・・」とあやかのお口の中にいっぱいの精液を出しました。

その後やっとあやかの体を触ってきました。
勝己さんはまるで野獣のように荒々しくあやかの体を触ってきます。キスも愛撫も獣の様に。
息づかいも荒く、その興奮があやかへも伝わってきます。いつのまにかあやかのおまんこもぐしょぐしょに。
ミニスカートをはいていたので、手は簡単におまんこへもうどこを触られているのかわからないほど感じていました。
そしたらいきなりタオルで目隠しされました。
「感じやすいんだろ?だったらこの方がもっと気持ちよくなるんだよ」
と手も縛られました。もうただ感じるしかできなくなったあやかをおもちゃのようにいじっていました。

いきなりお口におちんちんを入れてきたかと思うと今度はバイブがおまんこに・・・
いつの間に買ったの?持ってたの?わからないけど、おまんこのバイブで感じてうまくおしゃぶりできないあやかの頭を押さえ腰を振ってきます。
苦しいやら気持ちいいやらもう頭は真っ白です。
やっとお口からおちんちんがなくなったかと思うと今度は何もしてくれません。
耳元で
「えっちだね・・・縛られて、バイブ入れられて感じてるんだもん」「次はどうして欲しいの?」
「バイブ抜いて・・・おちんちんが欲しいの」
「だれの?」
「勝己さんの・・・お願い」
「どこに入れて欲しいか言ってごらん」
「あやかのおまんこに・・・ねぇお願い・・・」
すると、バイブは抜かれ、おちんちんが入ってきました。手が使えないのでバックで突かれると本当に犯されてるみたい。
最後は激しすぎて覚えていない。
男の人はあやかの顔にたっぷり精液をかけました。

今までこんなにいじめられた事も激しく抱かれた事もなかったので、この体験はいい体験だったのかも?
前々からMだと思っていたけど、改めて極上のドMだという事に気づかされました。





ペニーオークション
フリーメール取得先 hotmail.canmail ヤフーメール セックス日記 | コメント:3 | Page Top↑
とりあえずファミレスで待ち合わせをして春樹君の
車で山林が多くある方面にドライブに行きました。

夜でもそんなに寒くなかったので途中で車をとめて
手をつないで夜景を見ていたら、春樹君がちゅ―してきました。
「うぅんっ・・・」と声が漏れました。
すると春樹君は私の胸をもみもみしてきます。
だんだん春樹君の手は私のブラの中まで入ってきて、乳首をくりくりしてきました。
もうそれだけで私のおまんんこはぐちゅぐちゅです。
春樹君のをさわってみるとすでにぎんぎんに硬くなっています。

二人とも我慢できなくなり、フェンスの裏の段にすわってすることにしました。
そこは山の上で少し下のほうにはゴルフの打ちっぱなしがあります。
その明かりにからだがいやらしく照らし出されます。
春樹君はあっという間に私のスカートとパンツを脱がせ私を春樹君のひざの上に座らせました。
私はゴルフの練習場のほうに向かって股全開状態です。
恥ずかしい気持ちで私のおまんこからはいやらしいお汁がしたたり落ちるぐらいになってしまいました。

そのおまんこをかれがいじるので「ぐちゅっぐちゅっ」といやらしい音が響きます。
それとともに「あっ・・・あぁんっ・・・!!」と無意識に声がでてしまいます。
つぎは対面座位で挿入です。
春樹君の後ろはフェンスだったので私はフェンスにしがみついて激しく上下に動いてしまいました。
動くたびにフェンスが、がしゃんっがしゃんっ・・と音を立てます。
こんな環境の中でのセックスは最高に気持ちよかったです。
だれかがくるかも・・というスリルはたまりませんでした☆
でも声が駐車場まで聞こえてたかもしれないです。。。
その後公園に車をとめて車の中でもやっちゃいました☆

これから暑くなる季節に大自然の中でのセックスにあやかはまりそうで♪

ペニーオークション
フリーメール取得先 hotmail.canmail ヤフーメール セックス日記 | コメント:0 | Page Top↑
仕事が忙しくて更新ができませんでした。皆さんはフェラチオは好きですか?
0303.jpg

男の人のオチンチンって硬いのに柔らかくって、ぴくぴくしててとっても不思議ですね。
でもはじめて口に入れられた時は無我夢中でそんなことを考える余裕がなかったんです。
OL生活1年目時に出来た彼がフェラされたのはあやかが最初だって言ってたし。でもそれ以来、咥えてみたいと思う願望がより強くなっていきました。こんなあやかって変なんでしょうか?

付き合って1ヶ月ぐらいたったあるとき彼から電話があって近くの公園で会ったんです。
いつもなら何にも気にせずに家にくるくせにおかしいなって思ってた。でもあやかも予感めいたものはありました。
公園でちょっと話した後で公園のトイレに連れて行かれたんです。そして彼にフェラして欲しいって頼まれたんです。
あやかも彼のことは嫌いじゃなかったし 前よりももっと興味があったから「いいよ」って言ってしゃがみこんだんです。

彼だけズボンもパンツも足元に落として、自分の手でオチンチンを握ってあやかの顔の前に突き出してきたの。
始めの内は口の中に出し入れされていたんだけど、ちょっと苦しくって今度はあやかの手で彼のオチンチンを持って舐めてあげることにしたんです。
咥えたり、全体を舐めたりいっぱいしました。
トイレのくさい臭いも忘れるくらいに。何かが口の中に出てきていることもわかりました。
でも嫌じゃない味、もっといっぱい味わっていたいような不思議な味。しばらくして彼が「出る」って言ってあやかの口から引きぬいたんです。

そして便器に向かって射精したんです。すごいなって、そう思ってた。そしたら彼、あやかにオッパイ出してって言うんです。
いままで誰にも見せたことも触られたこともなかったけど、Tシャツを上げてブラを見せてあげたら、彼にブラを上に上げられてオッパイを剥きだしにされたの。
そして彼が両方の乳首にオチンチンをくっつけてきて残った精液を塗ってきたんです。ヌルヌルになった両方の乳首を彼につままれたとき全身の力が抜けそうになった。乳首を引かれながら顔の前にあるオチンチンをくわえさせられたんです。夢中でおしゃぶりしてたと思う。

彼が「あやかの下の口は誰のをくわえるんだろうね」って聞いてきた時は「あなたのこれをくわえさせて」って言ってました(笑)




ペニーオークション
フリーメール取得先 hotmail.canmail ヤフーメール セックス日記 | コメント:3 | Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。