FC2ブログ

2007年04月

ここでは、2007年04月 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ペニーオークション
フリーメール取得先 hotmail.canmail ヤフーメール スポンサー広告 | Page Top↑
この前の続き…


「イっちゃったんだね・・かわいいよ・・」かれももう限界らしく今度は荒々しくジーンズを脱がせ、自分もチャックを下げます。
飛び出してきたケンジ君のモノはすごく固くて大きくなっていました。
たまらずにあやかはそれを舐めました 大くなりすぎて苦しいくらい・・。
少ししか舐めていないのに、ケンジ君はあやかを立たせ立ちバックの形にさせました。
冷たい岩の壁に手をつくと、すぐに!ホントすぐにケンジ君のモノがぐぐぐっと入ってきて・・・
「いやぁぁぁぁぁんっ・・あああぁぁぁんっ・・あんあんん・・!!すごいぃぃあっあっあっ!!」イッたばかりなのでかなり敏感で・・・
するとケンジ君はいったんアレを抜き、しゃがむと両手でおしりをつかんで開きベチョベチョとクンニをしはじめました・・お尻の穴まで丁寧に・・・。
実は舐められるの大好きなんです・・・。
「ああぁいいよおぉ感じちゃうよぉぉ」
「もう一度・・」
後ろからぐいっと入ってきます 荒っぽくずんずん突かれました
「はぁはぁ・・あやかちゃんぁ・・すげぇ気持ちいい・・あぁ・・」と声にならない声。ケンジ君の片手は胸をもみ、もう片方の手はクリをいじっています・・もう気持ちよすぎておかしくなるかと思いました。
「ああん。気持ちいいよぉ・・あやかちゃんも・・気持ちいいよぉぉ・・」
「・・もう・・俺がまんできないっっ・・!!!」
そう言うと背中にあたたかいものを感じました・・・・。


スポンサーサイト
[PR]

ペニーオークション
フリーメール取得先 hotmail.canmail ヤフーメール セックス日記 | コメント:6 | Page Top↑
続きを更新します♪


ケンゴ君は両手で胸をギュっとよせて両方の乳首をぺチャぺちゃと音を立てながら舐め始めました。
もちろん親指を使って乳首をころがしながら。
とっても気持ちよくて
「ああぁぁんっ・・・・アッ・・」って声もおっきくなっちゃって目をぎゅっと閉じてケンゴ君の激しくもやさしい舌使いを感じていました。
すると
「あやかちゃん・・目ぇ開けて・・下見て・・俺を見て・・」って・・言うんです。
自分の胸を見下ろすと、そこにあったケンゴ君の目と目が合いました。
ケンゴ君はあやかを上目遣いでジッと見つめながら、舌をかたく細くのばし乳首をいやらしく舐めています。
「ああんっ」って思わず目を閉じると、
「ダメだよあやかちゃん・・見てて・俺が舐めるの見てて・・。あやかちゃんの顔見てたいよ・・もっと気持ちよくしてあげるから・・・」
「アアんっ・・あっあっはぁぁん・・うぅん・・見てるよぉぉ・・あっいいよおぉぉ気持ちいいよぉぉ」とにかく胸だけでこんなに感じたことはなくて、あたまが真っ白!

もうその時には立っていられずに岩の壁に寄りかかっていたんだけど、がまんできずそこにあった小さな岩に座り込んでしまいました。
キャミからやっと顔を出したケンゴ君の顔もすごく色っぽい?というかとろんとしてて・・・。また激しいキス
あやかのアソコはもう自分でもわかるくらいグチョグチョに濡れていました。うーんもうがまんできない!!
「ねぇ・・ねぇおねがいっ。もうね・・もう・・ハァ・・あのね・・すごいの・・あやかちゃんのね・・・触ってほしいの・・」ってケンゴ君の耳をくちゅくちゅ音を立てて舐めながら、小さな声で、荒い息遣いをさせてささやいちゃった 
その時一瞬ケンゴ君がびくっってなったから、あ、感じさせちゃったなぁなんてちょっとうれしくなっちゃったりして☆ 
ケンゴ君はいそいであやかのジーンズのボタンとチャックを開け始めました。
外で明るいからその手つきもじっくり見ちゃって。
あぁもうすぐ・・もうすぐあやかのアソコにケンゴ君のあの指が・・・って思ったらまたさらにジュンってきて、
「早くぅん・・あっ・・はやくさわってぇぇ」てこんどは少し大きい声がでちゃった。
チャックをさげると赤いレースのパンツが見えてケンゴ君は割れ目にそってそっと指を上下に動かしています。
それがまたいやらしい指使い・・あやかが一番感じる場所、クリに触れるか触れないかの強さでそっとそっとゆっくり上下に動かすのです。
もちろんケンゴ君はあやかをじーっと見つめています。あやかはケンゴ君の指使いから目を離すことはできませんでした。
「くぅぅぅん・・んんんっ・・・・・」
「あやかちゃん・・あやかちゃん・・・いい顔してる・・・パンツの中もきっとビチョビチョ?・・指が湿ってきた・・・。」
「もう。もうダメなのぉ・・お願い・・直接触ってほしいの・・」すると待っていたかのようにケンゴ君の中指がパンツの中にするりと入ってきました。
すぐにクリを探し当てます でもあやかはすごく濡れているのを分かってほしくて
「ね・・もっと・・下・・・も・・・」
指が一番濡れている穴の近くまでおりてきます
「あぁぁ・・」
「すっごいでしょ・・?・・あんっ・・あああっ・・ハァ・・」
「うん・・すごいよ・・すげぇぬれてる・・・」
ケンゴ君は指で愛液をすくいます。たっぷり濡れたその指をあやかちゃんに舐めさせると同時にキスをしました。
口の中で自分の愛液と絡まるケンゴ君の舌。あやかの舌。クチュクチュと音をたて、糸を引きながら・・・。
「あっあっ・・はぁうん・・ぁぁぁハァァ・・んんんんっ」そしてまた指がアソコへおりてきて今度は中指でクリを触り始めます。
キスだけでイキそうだったので、指が円を書くように2,3回動くと「あやかちゃん・・いいよ・・」ささやきと同時に体がビクビクッと波打って・・・
すぐにイッちゃいました。ケンゴ君は分かってたんです。あやかがイキたがっているのも、タイミングも・・・。

ペニーオークション
フリーメール取得先 hotmail.canmail ヤフーメール セックス日記 | コメント:8 | Page Top↑
先週土曜日にケンゴ君(23歳公務員)と会いました。
02425.jpg

だいぶ暖かくなってきましたのでいきなりホテルにはいかず
手をつないで川沿いを歩き少し奥の方へ。

人がほとんどいなくなったところでケンゴ君がぎゅっとあやかかを抱きしめました。
ケンゴ君とキス。ケンゴ君のキスはとても大事なものに触れるかのようなやさしいキスでした。
最初はそっと唇をあわせて目を見つめてからもう一度そっとキス。
舌がちょこっと入ってきて今度は激しいキスの嵐 
クチュクチュとわざと音をたてながらケンゴ君の舌があやかの口の中をまんべんなくかきまわします・・。
それだけでもう立っていられないくらい感じちゃいました。
ケンゴ君の手があやかのキャミの中に入ってきました 
すぐにケンゴ君の中指はあやかの乳首を探し当てそっと指が触れた瞬間「あっっっ」ってびっくりするくらい大きい声がでちゃって・・。
それだけで体に電流が走ったような気持ちよさでした。。
「かわいい・・・あやかかちゃん」ケンゴ君はいっそうキスを激しくし、指ではとてもやさしくあやかの乳首をなでまわします 
中指で円をかくように・・つまんでみたり、親指と小指を使って両方の乳首をなでまわしたり・・・ 
激しいキスとやさしい指使いであやかのアソコはすごい熱さです 
ケンゴ君は自分のすごくかたくなったアレをあやかの股間にグイグイ押し付けていました 
「んっ・・ねぇ・・ここじゃ・・見られちゃうかも・・・あっっっ・・んんっっ」
声にならない声を出すと、キスをしながらもう少し死角になるところへ移動してくれました。 
すると今度はケンゴ君がキャミの中に顔を突っ込んじゃったのです。

続きはまた近日報告します♪



ペニーオークション
フリーメール取得先 hotmail.canmail ヤフーメール セックス日記 | コメント:0 | Page Top↑
一昨日サイトで知り合った翼君(仕事はSE.24歳)と会いました。
0420.jpg

最初ファミレスでお茶をして、その後翼君の車でドライブに行きました。ちょっと傘がいらなに程度に小雨が降ってましたがちょうど公園に行き着き二人で手をつないで歩き始めました。

すると、広場には先客が。なんと、誰からも見えるような所で、堂々とカップルがしています。ベンチに座って、服は着たままで、座位で女性が上になっているように見えました。あやか達が近づいても、動じる様子も無し。

他人がしている所を見るのは初めてで、翼君も「すごいね…」と目が離せないようでした。
あやかも翼君らを見ているとますます変な気分になってきてしまい、翼君に抱きついて「ねぇ、しよ…」あやかはもう多分ぐっしょり。翼君のアソコはもうパンパンでした。

木が生い茂って死角になったところで、翼君はあやかを大きな木を背にして立たせました。あやかは、上半身をはだけてブラだけになり、下は全部ぬいでしまった。その態勢で抱き合ってキス、翼君はあやかの背中に右手を回したまま、左手でクリをせめてきました。
「あ~、あぁぁ~、んぁああ~、はあぁぁ~」外なのに声が止まらなかった。

ふと気づくと、何だか視線を感じる。さっき広場で座位でしていたカップルでした。もう見るなら見て、とよけいに感じてしまった。あやかはバックの姿勢になり、翼君は今度は後ろから指でクリをせめてきた。もう、どうかなりそうでした。
「あん、やん、ああぁぁ~、きもちいい~、あぁああ~お願い、入れてぇ~」と懇願したけれど、さすがにゴムは持っていなかったから、本番はなし。

今度は翼君が木を背にして立ち、あやかがひざまづき、「なめていい?」と、返事を聞く前にあやかは翼君のモノにしゃぶりつきました。
全体を口にふくませ、さきっぽに口づけし、舌でレロレロ、裏筋も丁寧に舐め…
翼君の表情が、いつもながら可愛くって。しばらくしていたら、達してしまいました。

ペニーオークション
フリーメール取得先 hotmail.canmail ヤフーメール 未分類 | コメント:8 | Page Top↑
今、全裸です。アソコもぐちょぐちょ・・・。
0417.jpg

実はさっき、あるページで男の人の一人Hの画像をみてたんです。
あやかは男の人のオチンチンが大好きなので・・・もう、大興奮です。
(画像にはもちろんモザイクかかってましたけど)

「あの太いのを私のアソコにぶちこまれたい」とか「あのオチンチンをくわえてぐちゅぐちゅ舐めてみたい」・・・なんてイヤらしい妄想で頭がいっぱいになって、またさらに濡れてきちゃってます。
ペニーオークション
フリーメール取得先 hotmail.canmail ヤフーメール セックス日記 | コメント:0 | Page Top↑
あやかってやっぱりドスケベな子ってつくづく思います。というのも特に甘い言葉やエッチな言葉に弱く耳元でささやかれるとすぐにあそこが濡れ濡れになっちゃいます。
0413.jpg

「失楽園」の映画を観に行ったときも濡れ場になると感じちゃて、、、
後ろから抱き付かれ耳や首筋なんか舐められると乳首は硬くなるし、後ろから乳首を舐められると気が遠くなります。

そのうちだんだん手が下にいくにつれてもうあそこはぐしょぐしょなの。そこでじらされるとたまんないのよね。後ろから抱き付かれているから両手使えないし早くって思っちゃうの。
そしてキスをやさしくされ、同時に乳首を揉まれ、とうとうあそこに手が、、、やさしくクリトリスを撫で回しながら、エッチな言葉を耳元でささやかれ、自然に腰が動いてしまいます。

ここまで書いたあやかは想像で、あそこは濡れてしまってので、オナニーしたくてたまりません。

たまにオナニーはします。お風呂やイスや鏡のまえでね。
乳首が立つと大きいので、感じやすく、同時にクリトリスを撫でゆびを一本入れるとその摩擦で、いっちゃいます。だから、後ろから抱きつかれた状態で触られるとオナニーしてるみたいで何回もいっちゃいます。
それからむしょうに男の人のあそこが欲しくなってしまってます。自然に手がベルトにいきズボンを脱がせます。足の指から順に上の方へと指をすべらせあそこまでいくとやさしくキスをしていきます。
その間にわたしのあそこには指が入れられており息が荒くなるんだけど、興奮しているので、ペニスをくわえたくなっちゃいます。ペニスはやさしく、時には激しく愛撫します。

今日記を書いてるだけで男の人のあそこが欲しくなってしまってまいました(笑)あやかはやっぱりセックスが好き♪皆も一緒そう?

ペニーオークション
フリーメール取得先 hotmail.canmail ヤフーメール セックス日記 | コメント:3 | Page Top↑
火曜日の夜、仕事終わりにセックスした照人君(23歳.車の販売)と会いました。
0413.jpg

二人でイタリアンパスタを食べて少しだけ赤のワインを飲みました。
あやかそんなにお酒強くないから2口だけ飲んだだけでほろ酔い気分になってました(笑)

あやかは照人君の手をとって『いこ』と言うと素直についてきます。ホテルの部屋に入ってお風呂に入って、あやかはベッドに。なんだか眠れなさそうなので、ビールを出して渡してあげました。
そこからまた、喋って照人君の緊張も解けたみたい。
「おやすみのキスしていい?キスだけだから」と酔ったフリをして言うと、照人君からチュッってキスしてくれました。
そしてちょっと強引にあやかを引っ張り、今度は激しくキス。
あやかの手をとって、おちんちんを触らせます。
あやかが照人君の下着に手を入れて生でこすると、照人君はあやかを押し倒して下半身を裸にしてクリをペロペロ舐め始めるの。
あやかはすごく感じて既にビショビショで、すっごい喘いじゃいました。

照人君の舌がゆっくり上がってきて、あやかの上半身も裸にして胸を愛撫。あやかは照人君のおちんちんを持って撫でてました。
照人君はあやかの足を開いて持ち上げて、挿入。
いきなり激しく突かれて、
「照人君…いい・・」って言い続けてた気がします。
照人君くんはすぐにあやかのお腹にイッテ、拭いた後にあやかを抱きしめて、
「ごめん、久しぶりにやったから早かった…」と。なんかすごいかわいくてきゅ~って抱きしめてました。しばらくして、あやかは照人君の下半身に移動して、ペロペロ。すぐに復活したの。舐めていたら、あやかも触ってほしくなってシックスナイン。
照人君は指を入れてクリを舐めて、すごく激しく愛撫してくれるの。
「ゆりさん、あんまりしたら、俺いってまう」って言う照人君。
口でいってもいいんだけど、おちんちん入れたくなってたからあやかは照人君に跨って挿入。
「あぁぁぁ」ってすごくかわいい声と感じた顔でのけぞった照人君。

あやかが腰を振ると『いきそうになるから』と起き上がって正上位になって照人君は動かずに入れたまま、あやかのクリを弄ぶの。すっごい感じちゃってでも、突いてほしくって、「照人君、動いて」ってお願いしちゃいました。

今朝、目が覚めたら、照人君も目が覚めたみたい。ちょっとはずかしかったけど、「俺、昨日、負けぎみやから、ゆりさん感じさせていい?」って。あやかが頷いたら、足を開いてクリを愛撫。すっごい長い時間愛撫されて、あやかは声が枯れたみたいになっちゃいました。
「入れていい?」って聞かれて、
「お願い…して…」なんて言っちゃった。
照人君は、あやかを四つんばいにしてバックでいきなり激しく突くの。充分感じてるのに激しくするから、ちょっとわかんなくなっちゃった。
ぐったり寝転んだら、正常位で入ってきて、頭をなでながら、
「あやかさん、大丈夫?」って。
「俺、いってもいい?」って聞くから、
「お願い、いって」ってお願いしちゃったの。そこからまた激しくて。イッタ頃には本当にぐったりしちゃいました。

ペニーオークション
フリーメール取得先 hotmail.canmail ヤフーメール セックス日記 | コメント:1 | Page Top↑
昨日無料で利用できるサイトで会った浩志君とトイレでエッチをしてしまいました。

0410.jpg

二人でファミレスで食事をしてる時に、エッチをした場所の話で盛り上がってたまにはホテルではない違う場所でしてみない?っていう感じになり浩志君が「トイレでしよ」って。あやかちゃんかもOKしました。洋式トイレに2人で入った私たち。狭い室内で向き合って、改めて恥ずかしくなります。

その次の瞬間、浩志君が激しく唇を重ねて、浩志君のされるがまま・・・・。あやかも浩志君にいじって欲しくていじって欲しくてしかたがなかったので、あやかからも浩志君を求める形で、大きくなったモノをずっと触ってました。

浩志君の手が私のカラダを這って、敏感な部分を確かめるように、下へ進んでいき、私の一番感じる部分に到達した時、私のその部分はもうグショグショ。恥ずかしいけど、本当に浩志君としたくてしたくて仕方がなかったのです。
「あやかちゃんはHだねー。もうこんなにしちゃって……」そう言って、ゆっくりと私の中に指を入れる浩志君。浩志君の指をきつく感じました。

そして、ゆっくりゆっくり動かしていると、もう立っていられなくなるほど、感じてしまって・・・
「んっ・・・・あぁっ・・・だめっ・・・」そう言いながら、座り込んでしまいました。
それでも指の動きは止まらず、逆に激しくなっていく感じ。

あぁ、もうこれだけでいっちゃう・・・と思った瞬間、ぴゅぴゅっと、潮を吹いてしまったのです。浩志君はすごく満足そう。私はすごく恥ずかしくて・・・。潮は浩志君に何度も吹かせられえいるのですが、こんなトイレなのに・・・。恥ずかしそうにしてる私を見て、浩志君が笑ってます。そのあとは浩志君のものをいっぱい舐めて、あやかの中に入れて激しく動かしてもらいました☆すっごくよかったです♪
ペニーオークション
フリーメール取得先 hotmail.canmail ヤフーメール セックス日記 | コメント:2 | Page Top↑
先日無料で出会う事ができるサイトに登録して5人の人とメールをしてその中の達也さんと会いました。達也さんと会ったのは礼儀正しい印象を受けたからです。それとセックスがタフそうだったから(笑)ちなみにこのサイトはフリメで登録できるのであやかのおすすめです♪
0405.jpg

とりあえずお腹も空いていたのでパスタを食べて、お互いの事を
話して緊張感をほどきました。お店を出たあとホテルに行きました。

ホテルの部屋で話してるうちに会話が途切れ、達也さんの顔が近づいてくるのが分かりました。
鼻がついた時、達也さんは優しくキスしてくれました。
あやかが恥ずかしくて唇を離すと手でアゴを支えてあやかの唇を達也さんの唇へと導きました。
達也さんの舌があやかの唇を優しく潤してくれます。もうそれだけで溶けてしまいそうでした。

達也さんはキスしたまま、服の上からあやかの胸を触り、徐々に服の下から、ブラをはずして触ってきました。
達也さんは、あやかの身体を知り尽くしているかのように、乳首を優しく、時に激しく触ってきます。
あやかは、感じてしまっていました。
しかし、隣の布団には先輩たちが寝ています。気付かれてはいけません。
声を出さないように必死に首を振って耐えていました。
達也さんが触るたび、あやかは体中がビクッとなり、そのたびに達也さんは、可愛いといいました。
その言葉に余計に感じてしまいました。

あやかのジーンズのチャックを開け、パンツの中へと指を進めました。
軽くクリの周りを触られただけでビクビクッとなり、声を出してしまいます。
それが達也さんには楽しいらしく、徐々にタイミングよくいじめてくるようになりました。
しかし、これ以上触られていると、思いっきり声を出してしまいそうなくらい感じてしまいました。

達也さんは自分のズボンを脱いであやかの中に入れてきました。
達也さんのおちんちんは堅くて大きくて腰を動かす度にビクビクッとなりました。
「あやかちゃんエッチだね。あやかちゃんのおまんこが俺のおちんちんを離したくないって言ってるよ」
あやかはつい「達也さんのおちんちんあやかにフィットして気持ちいい」って言ってしまいました。

そのあと何度も後ろや前から何度も達也さんの肉棒で突付かれ4回ぐらいイッしまいました。




ペニーオークション
フリーメール取得先 hotmail.canmail ヤフーメール セックス日記 | コメント:7 | Page Top↑
昨日は最初にメールをくれミツル君と会う事にしました。
0402.jpg

海辺をドライブをしてそのままホテルへ…。

シャワーを浴びてまずはキスから...。
チュッって可愛いキスから始まって、ディープキスに...。
ミツル君の舌があやかの口をカンジさせてくれるの。
ホントとろけそう。

だんだんミツル君の手があやかの胸のあたりを触ってきて...。
Yシャツの中...ブラの中...。
あやかの胸をくりくり...。もうあやかは感じちゃって声だしちゃうの。
その手はだんだん下がってきて、あやかの濡れたおまんこをさわるの。ミツル君の指が簡単に入っちゃうんだよ!

ミツル君の舌があやかのおまんこをペロペロ...。
すっごいエッチな音がするの。

だからお返しに、あやかもミツル君のアレを舐めてあげるの。
ホント気持ちよさそう...。
で、最後にミツル君のモノがあやかの中に...。
2人でエッチな声だしてイッちゃいました(笑)





ペニーオークション
フリーメール取得先 hotmail.canmail ヤフーメール セックス日記 | コメント:6 | Page Top↑
ちょっと欲しくなってしまいました(笑)
ヒマな人私と一緒に遊びましょう♪

26.jpg

↑オナニーじゃ我慢できない状態です↑
ペニーオークション
フリーメール取得先 hotmail.canmail ヤフーメール セックス日記 | コメント:2 | Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。