FC2ブログ

2007年09月

ここでは、2007年09月 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ペニーオークション
フリーメール取得先 hotmail.canmail ヤフーメール スポンサー広告 | Page Top↑
昨日の続きを報告するね♪
私が邦弘君と知り合ったのはココです。

邦弘くんが「これやりたい!」と言うので邦弘くんの携帯をのぞくと、おまんこに携帯が入っている画像がありました。
「無理だよぉ、ぜぇーったい無理!!」とあやかが拒否すると「折りたたみ式だしおっきいから無理だな、画像のはこの携帯とは別型だもんな」と、いつもと違いやけにあきらめがはやかったです。
「じゃぁ手まんさせてよ」と言うので手まんしてもらいました。邦弘くんの指はいやらしくおまんこの中でくちゃくちゃと動きます。
手マン

「ああぁぁぁ~ぁぁ~」邦弘くんの手まんが終わる頃、あやかはぐったりしてました。
すると、邦弘くんは「あやかちゃん、ごめん!やっぱり入れてみたい!!」と、あやかのおまんこに携帯をバイブにして入れてきました。

「いやぁ~ぁっ‥ぃ…ぁっぁぁ~」
邦弘くんの手を押して携帯を抜こうとしても、手に力が入りません。
「やぁ~ぁ…あぁっぁぁ~」

「手に力入いらないの?じゃぁこれは?」と、邦弘くんはアンテナの所をクリトリスにあててきました。
「あっやぁ~ぁん‥あっぁぁ~ぬぅ‥あぁっ抜いてよぉ~…ぁん」
「おもしろいな、これ。」
携帯を抜いて邦弘くんのおちんちんが入ってきました。
セックス


「うわぁ~すっげぇ濡れてるよ!ぐちょぐちょだよ、いやらしいなぁあやかちゃんは!」そう言いながら思いっきり突いてるくる邦弘くん。喘ぎ声しかでないあやかは邦弘くんの声には答えられません。
「んっっあっぁぁっあ」
「もっと声きかせて」
「ぁんっっあっぁぁっあぁぁあっぁぁっぁあぁっ」
「いきそう!マジいきそう!」
邦弘くんはいきました。わたしはぐったりしていました。

▼あやかと刺激的な時間を共にしていただける方はコチラから(@^∇^@)
優良出会いの無料掲示板【Magic☆Koi】マジコイ!!



スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
ペニーオークション
フリーメール取得先 hotmail.canmail ヤフーメール セックス日記 | コメント:3 | Page Top↑
一昨日の夜ココで知り合った邦弘君(24歳フリーター)とメールをしてたら

邦弘くんが「今俺がめちゃくちゃしたいことわかる?」と聞くので「Hでしょ?」と答えると「そう、超やりてぇ~!!」と返事が返ってきました。
メールしてるうちにあやかもHがしたくなり「あやかもしたい。」と返事しました。結局、あやかは邦弘くんに乗せられてました。

邦弘くんは「じゃぁ、21時くらいにここに来て。」というのでホテルの部屋で直接待ち合わせをしました。
パンティー

ホテルの部屋に入って2~3分くらい話し、邦弘くんは「じゃぁ..するか!」と言って電気を消し、あやかは布団の中に押し倒されました。

邦弘くんは「ここまできてくれておつかれ!」と、チューしてくれました。そしてHが始まりました。
まず、服を脱がされ裸にされました。キスをしながらおっぱいをいじられ、あやかはだんだん感じてました。
そして邦弘くんのおちんちんを丁寧に舐めて、大きくしました。邦弘くんは大きくなったおちんちんにゴムをつけ、あやかの中に入ってきました。
「ぅわぁ~、ちょー暖かい。」
邦弘くんは一時動きませんでした。
「じゃぁそろそろ・・・」と、邦弘くんはゆっくりと動き出し、いきなり激しくついてきました。

「あっあっあっっ、ああぁぁぁ~」と声が漏れます。これを何回か繰り返したあと、あやかが上・邦弘くんが下、の体位になり、わたしは上下に腰を動かしました。
騎乗位

「中がしまってすげぇ気持ちィ~」と邦弘くんは言うんだけど、足がもたなくて長くは続きませんでした。
「仕方ないなぁ」と言いながら、邦弘くんはあやかのお尻をもって前後に揺すります。
邦弘くんは前後に揺すりながら思い切り突いてきます。

「ぅあぁ~、あっあぁっ、あんまりぃ‥あぁっ…突かぁ‥ないぃ‥あぁっ‥でぇ…」
「どぉーした?何言ってるか分かんないぞ!ちゃんと言えよ!」
「あぁっあっあぁっ、だぁっ‥だからぁ~あっぁぁ‥あんまりぃ‥あぁっ…突かぁ‥ないでぇ~ぅぁあぁっ」
「なんで?なんで突いたら嫌なの!?突いたらどうなっちゃうの!」
「あっあっあっっ、ああぁぁぁ~あっぁぁぁあっあっあっぁぁぁ」
「可愛い声出しても答えて無いからダメ!」邦弘くんはもっともっと突いてきました。

続きはまた報告するね♪

▼あやかと刺激的な時間を共にしていただける方はコチラから(@^∇^@)
優良出会いの無料掲示板【Magic☆Koi】マジコイ!!



ペニーオークション
フリーメール取得先 hotmail.canmail ヤフーメール セックス日記 | コメント:1 | Page Top↑
昨日は、ローターでオナニーしました。
パンストの中にローターの長い方を入れて、クリに当る様にしました。
そして、パンストを上げました。ローターも直に当てるよりもショーツ越しのほうが感じます。

準備完了です。スカートに挟んだスイッチを入れました。あやかのいやらしいクリトリスが震えます。
もうそれだけでオモラシしてしまいそうでした。でも我慢してベランダにそ~っと出ました。
隣にもベランダがあって壁はあるんですけど、覗こうと思えば覗けます。だからそ~っとです。

股が温かくて今にもおもらししそうだったんですけど、その前にいっちゃいそうだったので一旦スイッチを切りました。
オナニー

夜空を見ながら息をひそめて妄想しました。回りに沢山の人がいることを考えていました。
ブラウスのボタンを1つだけ外して手を差し入れました。ブラの中であやかの乳首はピクピクと立っていました。

もう限界が近くて、じっと立っていられませんでした。まるでおしっこを我慢している子供のように・・。股を擦り合わせていました。

「いや・・・こんなところで・・・人がいっぱいいるのに・・恥ずかしい・・」そう思っていました。
もう・・・限界でした。乳首をいじりながら、スイッチを入れました。

慌てて口を押さえました・・・だって声が出そうで・・。自然とお尻が動いてしまいます。もういきそうなのか、おしっこでそうなのかわかりませんでした。

口を手でふさいだまま、あやか・・いっちゃいました。いやらしく腰をくねらせながら・・。いつオモラシしたのかわかりませんでした・・ああ・・恥ずかしい気が付いたらストッキングの足に流れていました。温かいおしっこが足を伝って流れていくんです。普通じゃありませんよね・・でも・・すごく感じるんです。たまらないんです。

▼あやかと刺激的な時間を共にしていただける方はコチラから(@^∇^@)
優良出会いの無料掲示板【Magic☆Koi】マジコイ!!



ペニーオークション
フリーメール取得先 hotmail.canmail ヤフーメール セックス日記 | コメント:2 | Page Top↑
昨日の続きを報告するね♪
私と康夫君が出会ったのはココです♪

ヴィィ・・・ンとくぐもったバイブの音があそこから聞こえてくる。
音が大きくなる瞬間、あやかの口からもたまらない大きな喘ぎが漏れてしまう。
身動きが取れないこんな淫らな格好で、あそこからトロトロと液を溢れさせてる。
「いやぁ・・・・ん、こんなの・・」
懇願しても、康夫君はソファーに座って煙草を吸いながらあやかを眺めているだけ。

「あぁ・・綺麗だ、あやかちゃん。頬が高潮して唇からは今にもよだれが垂れそうだよ。あぁ・・・」
「あぁん・・・もう、だめぇ。イッちゃう。あっ!あぁん!!イッちゃ・・・うぅ!!!」

そうしてあやかはバイブを入れられて、自分で腰を振りながらのぼりつめてしまったんです。

康夫君はバイブを抜き取ると、あやかを四つん這いにさせて後ろからすごい勢いで挿入してきました。グチュッと大きな音がアソコから聞こえる。
「はあぁん!!あぁ・・ん、あぁ・・気持ちいい・・」
「あぁすごいな、ヌルヌルだ。俺もたまらないよ、あぁ・・気持ちいい」
あやかの腰をしっかりと固定して、膣壁をまんべんなくいろんな方向から突き立ててくる。
かと思うと、あそこの入り口に康夫君の一番敏感なカリ口を引っ掛けるようにして、何度も浅く出し入れする。
その度にクチュ、・・クチュッ、ズチュッとイヤらしい水音があやかの喘ぎ声に混ざる。
バック

康夫君は片手でおっぱいを揉みながら、もう片手でコリコリのクリトリスを激しく擦りつけ・・・
たまらない快感に思わずあやかの体がのけぞると、康夫君はさらに押さえつけるように激しくアソコにおちんちんを出し入れするの。
「・・・ぁぁぁん、もう・・だめぇ。また、イキそう。・・・あぁ、気持ちいい・・あっ、あっイッちゃうぅ・・!!」
「あぁ・・・俺も出る・・出る・・」

康夫君はアソコからおちんちんを引き抜くと、回り込んであやかの顔に向かってたくさんの白い液を振り掛けてくれました。
「イヤらしい顔だね、よく見てごらん」
そう言って、体を引き上げ、鏡の前まで連れて行かれました。
赤い唇の周りに、白い体液がまとわりつき、垂れ下がってます。

後ろからあやかを抱きかかえながら、白い液を指ですくい取り唇の間に塗りこんでいく康夫君。
その間も、もう片方の手であやかの乳首やクリトリスをいじり続けているの。
もう、何度もイッたのにまたクチュクチュとあふれてきちゃう。
今日はどれだけ弄ばれれば、いいんだろう・・・?

▼あやかと刺激的な時間を共にしていただける方はコチラから(@^∇^@)

ペニーオークション
フリーメール取得先 hotmail.canmail ヤフーメール セックス日記 | コメント:0 | Page Top↑
今週初めにココで知り合った康夫君(25歳プログラマー)と遊んできました。

いつものように待ち合わせの後食事をしていると康夫君が、グラスを口に運びながら言うんです。
「今日は、縛るよ。それからシャワーもだめ」って。
最近、あやかがドMなのを見透かされていたようで、それだけでもう感じてきちゃいました。

あやかがちょっと足を開くと、深く切れ込んだスリットの隙間にガーターストッキングのレースとその奥の肌が覗いて見えるんです。
それに気づいた康夫君は、スリットの中に手を伸ばしてパンティの隙間から指を入れて、あやかの割れ目をゆっくりと下から上になぞり上げてくるの。
もうあふれてる愛液を指にまぶしながら・・・・

あやかは、目を閉じたまま声を出さないようにするのが精一杯。
でも、そのいたずらな指が何度がじらした後、一番触って欲しかったクリトリスを、
円を書くようにこすり上げた瞬間「・・あっ、あぁん」と、とうとう小さな声を上げてしまいました。
バイブ

ホテルに入ったら、あやかは康夫君にされるがまま。
お店ではしたない声を出してしまったお仕置きなんです。
ガーターストッキングとパンティ以外は剥ぎ取られて立ったまま、乳首を指でコリコリと摘まれるの。
「ああんっ・・・あっ、あっ」もう、たまらなくて大きな声が出ちゃう。
シュッ・・・シュッ・・と音を立てながら、黒いロープがあやかの体にかけられていく。

康夫君はと言うと、固くしたおちんちんの先から、もう透明な液を垂らしている。
そして出来上がったのは、亀甲縛りにされ、足を開いた形で固定された恥ずかしいあやか。そんなあやかを康夫君は満足げに見下ろしていました。
我慢できないかのように固い固いおちんちんを、自分でしごきながら・・・

ベッドに仰向けに倒されて、バイブがあそこに突き立てられました。
「はぁ・・んっ!!!あぁん・・・あぁっ」
真っ黒なバイブを康夫君が出し入れするたびに、くちゅくちゅ・・ぬちゅっと愛液が音を立てて流れ出してくる。
そして康夫君はバイブをあやかの一番奥まで埋め込むとパンティと縄でしっかりと蓋をしてしまったの。

続きはまた報告するね♪

▼あやかと刺激的な時間を共にしていただける方はコチラから(@^∇^@)

ペニーオークション
フリーメール取得先 hotmail.canmail ヤフーメール セックス日記 | コメント:2 | Page Top↑
昨日の続きを報告するね♪

私とヨシノブ君が出会ったのはココです♪

「あやかちゃんばっかしズルイで。今度は俺って言うたやろ。」
子供みたいに笑いながら言うのよね。
「だって・・・」
「入れて欲しい?」
うなづく私。
「じゃ、も一回我慢な。いいって言うまでイッたらだめやで」そういうや否や、一気に奥までオチンチンをググッといれた。
セックス日記

「あぁぁ・・・・!」
そして、ゆっくりとした動きで突き上げるの。
信じられない。数回突き上げられただけなのに、私またイキそうになってる。
「・・・イってもいい?はぁぁん・・・」
「まだ。」
それなのに、腰の動きを急に早くして、私をイカそうとする。
「・・・や・・だめぇぇ!」
惨敗です。またもや、です。感じすぎ、意識が遠くなっていくのよ。

ヨシノブ君は奥のほうで突き上げるように腰を動かしながら、クリちゃんにも触れる。乳首にキスする。
「!!・・・あぁぁぁん」
再びどころか、もう何度目?
「だめって言うたやん。やめるぞぉ。」
もう、訳わかりませんです。んでも、やめないでって感じ。
何度となくイカされ、終わりのほうはほとんど(まったく?)記憶があやふやで。
覚えてるのは、
「ヨシノブ君・・・イってぇ。お願い・・・。」と懇願したとこくらいかなぁ。

▼あやかと刺激的な時間を共にしていただける方はコチラから(@^∇^@)
ペニーオークション
フリーメール取得先 hotmail.canmail ヤフーメール 未分類 | コメント:6 | Page Top↑
昨日の続きを報告するね♪
私とヨシノブ君が出会ったのはココです♪

自分で口を塞ぎながら耐えてたんだけど、そのうち自分で口を塞いでいられなくなっちゃった。
そしたら、私の指をヨシノブ君の口に持っていって、指をくわえて舐め始めたのね。
もちろん、クリちゃんにも触れながら。もうおかしくなりそう・・・。

たまらなくなって、私の指をくわえてるヨシノブ君にキスしたんだけど、それがなんかやたらとHっぽくて。
「だめ・・・イキそぉ」ってつぶやいたら、それまでクリちゃんだけをを攻めていたヨシノブ君の指がニュルって感じで、私の中へ。ゴーサインです。
「声、出してええよ。・・・イケ!」
「はぁぁ・・ん。あぁん。・・・ヨシノブ君ぅ、いっちゃう・・・!」
クリちゃんもヌルヌルの指で攻められ、中に入った指も感じるところにヒットしてるし、ヨシノブ君にしがみついてる私の肩を、ヨシノブ君は軽く噛んだりするものだから、あっさりイカされちゃいました。
セックス日記

しばらくぐったりしてた私に、大丈夫?、なんて声をかけてキスして、
「今度は俺のことも気持ちよくしてくれるやろ?」ってヨシノブ君は言いながら、ヨシノブ君のオチンチンに私の手をもっていくの。
ちょっと柔らかかったけど、私がオチンチンにキスしたら、ムクムクって固くおっきくなちゃって。
ちょうど69みたいに寝転がって、ペロペロ舐めたりしてたんだけど、それで私もまた感じてきちゃったの。

それに、ヨシノブ君もクリちゃんにキスしたりわざと(?)音を立てて吸ったりするのもだから、さっきの余韻も手伝って、またまた溢れてきちゃいました。
「もう濡れてきよる。あやかちゃん、やらしいなぁ。」
そんな事言わないで、なんて言いたいけど、それどころじゃなくなってます。ヨシノブ君も気持ちいいのか、時々ため息交じり。愛しいよぅ。

さっきは私ばかり感じさせてもらったから、今度はお返し・・・って思ってたのに、やっぱり私の負けです。
「ヨシノブ君・・・お願い。入れて・・・。」
懇願です。だって、またイキそうになちゃったんだもの。
「ね、お願い・・・もぉ、イッちゃいそ・・・なの。」
お口もおろそかになり始めてるし、限界。

だけど、体を離したヨシノブ君は、足を開いた私の間に体を割り込ませると、固くなったオチンチンをクリちゃんにこすり付けるだけで、入れてくれないの。
こすられてるだけでもすごく感じちゃうのに、焦らされて、時々乳首や首筋に軽く歯をたてたり、指でもクリちゃんを攻めたりするから、私はまたイってしまいました。

続きはまた明日報告するね♪

▼あやかと刺激的な時間を共にしていただける方はコチラから(@^∇^@)

ペニーオークション
フリーメール取得先 hotmail.canmail ヤフーメール セックス日記 | コメント:0 | Page Top↑
今週ココで知り合ったヨシノブ君(関西出身の28歳会社員)と遊んできました。

居酒屋に行って、お互いの事を話してそのままホテルにチェックインしました。

ホテルの部屋に入るなり、キツク抱きしめられました。そしてキス。耳元のキスなんか、優しすぎるくらい。感じちゃうじゃないの。
ベッドに連れて行かれて、向き合ったままゆっくり服を脱がせられてる間も、ずっとキスしてくれてるのね。
パンツ

顔から首筋、そして肩から胸元、少しずつ触れていってはキス。いちいち確かめるみたいに。キスしてはまた触れて・・・。
私もだんだん感じてきちゃって、息遣いも荒くなってくるじゃない。ゆっくりゆっくりだからなおさら、まるで焦らされてる気分なの。
声だって、照れちゃうから我慢してるのに、思わず出ちゃう。
「・・・はぁぁ・・・ん。」
感度抜群のおっぱいに触れられたら、どうしようもないでしょう。

「あやかちゃん、感じやすいんやな。もっと感じてや。」って。
なんかそれでタガが外れたというか、スイッチが入ったというか、もう身も心もとろけちゃいまして。全身が性感帯にでもなったみたい。触れられるトコロ全部感じるんだもの。
座ってるのもあやしくなってしまって、ヨシノブ君にしがみつくような格好で体を支えてた。

そのうち一番敏感なところにまでヨシノブ君の指が下りて来て、それと一緒に唇も・・・ですから。もうとっくに濡れてるのはわかっってて、恥ずかしさと感じるのとで、ますます濡れてきちゃう。
そしたらヨシノブ君が言うの。
「あやかちゃんの顔も声も、めちゃめちゃHぽいなぁ。でも、今から声出さんようにな。我慢するんやで。」
「そんなぁ・・・。ムリだよ。」軽く抵抗する私。
「だーめ。我慢や。」
そんなこと言われたら、もっと感じちゃうもの。

溢れ出てくるモノでヌルヌルになった指で、クリちゃんを触られたら、ものすごく感じちゃって体が勝手に動いちゃう。声が出そうなのをひっしで堪えるんだけど、呼吸は速くなっていくし、どんどん感じちゃうし。
「はぁ・・はぁ・・。あぁ・・・っんん。」なんて声が出ちゃうと、ヨシノブ君は指の動きを止めるの。
「今、声だしたやろ?止めてもええの?」
私は首を横に振るので精一杯。そうすると、またヨシノブ君の指が動き始める。どんどん気持ちよくなって、また声が出ちゃうと、指が止まる。こんな繰り返しが何回続いたんだろう?

続きはまた明日報告するね♪

▼あやかと刺激的な時間を共にしていただける方はコチラから(@^∇^@)

ペニーオークション
フリーメール取得先 hotmail.canmail ヤフーメール セックス日記 | コメント:0 | Page Top↑
初めてのクンニされた時の話♪

生まれて初めてアソコを舐められた時の事を今でも覚えています。
彼はいつものようにあやかのアソコを指で触ってくれていました。
胸にキスをし、お腹、ふとももへと彼の唇が移動していきます。
足をひろげられ、そのままペニスを入れられる体勢に持ち込まれるのかと思ったら、急にあやかのアソコにキスをしました。
クンニ

びっくりしました。いきなりでしたから。
すごく恥ずかしくてどうしようって思いましたけど、舌で舐められたら生暖かくてヌルヌルして気持ちよくて、全身の力が抜けてしまいました。アソコに舌を入れたりチロチロ舐めたりしながら、こうされると気持ちいいでしょって。
彼はクンニするのが好きらしくて、その理由は気持ちよさそうな声を聞くと嬉しくなるからだそうです。一度だけ舐めやすいように毛を剃らせてほしいと頼まれて剃ったことがありました。今まで舐めてくれなかった所、例えば陰唇とかも舐めてくれてすごく感じたし、いつもしてほしいと思いました。

思い出しただけであやかのあそこが熱くなってしまいました(笑)

ペニーオークション
フリーメール取得先 hotmail.canmail ヤフーメール セックス日記 | コメント:6 | Page Top↑
今さらだけどあやかって淫乱?

今日はもう仕事が終わって、ミニスカートにノーパンで書き込みしてるんですが、もうすでにぐちゅぐゅなんです・・スカートにまで垂れてそうなんですけど・・・
いやらしい気分なのに触らないでじらすとすごく濡れるんです・・・
オナニー

会社でもいやらしい気分になったりしちゃうんです・・
我慢するんだけど・・・トイレにいくとパンティーに汁がいっぱいついちゃったりしてて・・
だから、どうしても我慢できない時はあまり人の来ないトイレでオナニーしちゃってます。

私って淫乱だよね。。。

ペニーオークション
フリーメール取得先 hotmail.canmail ヤフーメール セックス日記 | コメント:1 | Page Top↑
今日仕事終わりに家でくつろいでいたら、変な妄想をしてしまいました。

ベッドの上で四つん這いで、お尻を高々と突き上げさせられて、
体が動かないようにされたいです。
そして、バックからいろんなことされたい。
痛いのはイヤたけど、あやかがどんなに叫んで暴れようとも
かまわずして欲しいの。
四つん這い

バックじゃなくてもいいけど、とにかく全身を恥かしい
姿で縛られて、好きなことされたいんです。

延々バイブをイカされ続けたりおちんちんを咥えさせ続けたり…。

妄想しただけであやかのあそこは濡れてしまいました(笑)

ペニーオークション
フリーメール取得先 hotmail.canmail ヤフーメール セックス日記 | コメント:0 | Page Top↑
昨日の続きを更新するね♪

あやかと武彦さんが出会ったのはココだよ♪

「たまんないよ、たまんないよ、あやかちゃん。今度はそのまま僕にお尻向けて自分で入れてみて」
といわれました。
武彦さんに背を向けてしゃがんで自分で入れました。
「動いてみて」
といわれ、言うとおりにすると「あぁ、すごいよ。あやかちゃんの中に僕のものがずっぽり入ってるよ」といわれ思わず「はずかしい・・・」というと武彦さんはいじわるにも「ああ、見える。見えるよ。すごくHだ、あやかちゃん」といって後ろからあやかの中に出入りするのをじっと見ていました。

そして「後ろから突いていいか?」といってあやかを四つん這いにして後ろから突き立てました。いきなりあやかの奥を突かれてあやかはどうしようもなくなっていっぱい声を出してしまいました。
「あやかちゃん、これ気持ちいいか?」
といってさらに激しく突きまくりました。あやかは普通じゃいられなくなって「武彦さん、武彦さん、あぁん、もうだめ」といって上半身は床にへたり込んでしまうと武彦さんは「あやかちゃん、いいぞ、すごくいい、そうだ、そうだ、いけ!いけ!あやかちゃんいけ!」といって力いっぱいあやかの中に硬くて大きくいきり立ったものを打ち込みました。
バック

「ああん、やだ、あん、武彦さん、いや、だめ」
と声が出ました。感じすぎておかしくなりそうで怖くなりました。
でも武彦さんはおかまいなしに何度も何度もあやかの一番奥に激しく少し乱暴に打ち込み続けました。
あやかの意識が少し薄らいできて部屋の中は武彦さんの荒々しい息づかいと下半身がぶつかるパンッパンッという音だけが響いている異常な状況でした。あやかは奥を何度も突かれてしまったのと激しい出し入れの摩擦であそこが痙攣して頭が真っ白になりそうなとき、武彦さんが声を出しながら果てました。

そして最後にいっぱいにあやかのお尻をひきつけて一滴残らず搾り出しました。あやかはぐったりして「はぁ~はぁぁ、武彦さん~、しんじゃいそうだったぁ」っていうと「痛かった?」てきいたから正直に「ううん、痛くない」というと「感じたか?」ときかれ「うん、すごく」と答えると「よかった、あやかちゃん、嬉しいよ」といってキスをしてくれて1時間半くらい添い寝しました。

▼あやかと刺激的な時間を共にしていただける方はコチラから(@^∇^@)>


ペニーオークション
フリーメール取得先 hotmail.canmail ヤフーメール セックス日記 | コメント:4 | Page Top↑
先日、ココで知り合った武彦さんと喫茶店で待ち合わせをしました。

お互いの話や世間のことなど色々話をしばらくして、だいぶ打ち解けたときにホテルに行こうという事になりました。

ホテルの部屋に入ってお互いにシャワーを浴びた後、
電気がついたままあやかの胸をむき出しにして「おぉぅ」といって眺めて乳首をしゃぶり始めました。
すごく恥ずかしかったけど電気はそのままにしました。
騎乗位

右の乳首を武彦さんがしゃぶったりなめたりしてる舌使いと左の乳首を優しくはじく指使いがはっきり見えて恥ずかしいやら興奮するやら、でした。

あやかが声を漏らし始めると武彦さんは69の体勢になってあやかの上にかぶさりました。明るいところであやかのあそこが武彦さんの目の前にむき出しなんて想像すると
余計に興奮してあやかのあそこはびちょびちょに濡れてしまいました。

武彦さんが何もせずただ「おぉう」といってあそこを見つめてるから耐えられなくなって
「武彦さん、はずかしいよぉ」
っていうと「ん?はずかしい?あやかちゃん、かわいい」
といって指を入れて出し入れし始めました。いやらしい音がしました。
武彦さんのごつごつした指の感触がたまらなくて「んあぁぁん、ああぁ」と声が出ると今度はあやかの一番敏感なクリをなめ始めました。
固い舌でクリをなめまわされておかしくなりそうでした。

あやかがいきそうになると武彦さんは起き上がってゴムをつけてあお向けになって「あやかちゃん、上に乗って入れてみて」といいました。こんなに明るい場所で裸のまま顔を向き合わせてどうしていいかわかりませんでしたが武彦さんのものを自分でゆっくり入れました。
すると入ったとたん武彦さんが激しく下から突き上げました。
ものすごく奥に入ってきて「あん、あぁぁ武彦さんぃ、あぁぁん」といってしまいました。奥に入って気持ちいいけどよすぎて腰を浮かせてしまいました。
そしたら武彦さんがあやかのお尻を押さえつけて武彦さんに固定した状態でさらに激しく突き上げてきたんです。乱暴なくらい激しくてあやかの奥が破れちゃうんじゃないかって思いました。

続きはまた報告するね

▼あやかと刺激的な時間を共にしていただける方はコチラから(@^∇^@)>


ペニーオークション
フリーメール取得先 hotmail.canmail ヤフーメール セックス日記 | コメント:1 | Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。