FC2ブログ

takaさんもズボンを少しだけ下ろした格好で熱く固くなったモノをゆっくりと侵入してきてました

ここでは、takaさんもズボンを少しだけ下ろした格好で熱く固くなったモノをゆっくりと侵入してきてました に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ペニーオークション
フリーメール取得先 hotmail.canmail ヤフーメール スポンサー広告 | Page Top↑
先日サイトでメールをくれたtakaさん(27歳・自衛隊員)とドライブしました。

夜の風が気持ちがいいので二人で車から降りて海岸線の歩道に沿って作られたコンクリートの壁の上にあやかが腰掛け、takaさんが向かい合うように立ちながら二人で海を見ながら話をしてました。
セックス日記
↑外でのセックスは海風もあたり気持ち良いです♪

 しばらくしゃべっていると月のあかりに照らされたtakaさんの優しいまなざしに胸がドキっとしました。
 そのあやかの気持ちを察したのかはわかりませんが、takaさんが優しくキスしてきました。
 いつもはキスだけでは感じないあやかなのですが その日はtakaさんの優しいキスだけですごく感じてしまって
「キスってこんなに気持ちよかったっけ?」って思いました。

 あやかが壁の上に足を開いて座ってその間にtakaさんが向かい合って立つ形だったのですが、takaさんは優しいまなざしであやかを見つめながら、何度も何度もキスをしてきました。
 あやかもtakaさんの甘いくちづけにうっとりしてしまい、takaさんの甘い口づけにされるがままの状態になっていました。
 そのうちtakaさんの手がタンクトップの上から乳房をさわってきて、場所が夜の海だったこともあってなのかあやかはいつも以上に興奮してしまい、胸をさわられただけでイッてしまいそうになるくらい感じてしまいました。

 takaさんにくちづけされながら、胸を愛撫していたtakaさんの手はそのうちタンクトップの中に手を入れて生で乳首を刺激し始めました。
 takaさんに口をふさがれながら乳首を優しく愛撫され、声が出るのを必死に我慢していたあやかはもう我慢できなくなり、takaさんの顔から顔を離して、takaさんの肩に顔をうずめされるがままの状態になってしまいました。

 自然に「ぁああ~ん・・」と甘えるような声が出てそれが半分泣き声に変わる位、あやかは感じてしまいました。
 takaさんの方もそんなあやかが興奮しているのをわかってたはずなのに、優しいタッチの愛撫の手と優しいキスは変わりません。
 そのうちもどかしくなってきてtakaさんに入れてもっと感じさせて欲しいと思った頃に、takaさんが座っているあやかの内股の短パンのすそを少し横にずらしてtakaさんもズボンを少しだけ下ろした格好で熱く固くなったモノをゆっくりと侵入してきてました。

 それでもtakaさんの優しい腰の動きにあやかはもう訳がわからずに座ったまま足を大きく広げ、takaさんの腰のリズムに合わせて快感を味わっていました。
 いつも以上に体が敏感に感じていたのと 夜空の下での二人のエッチな行為に、あやかはtakaさんがゆっくり優しく腰を振り始めるとすぐに「ぁあああ・・!」と絶頂に達してしまいました。
  その様子を見たtakaさんは今度は今までとは逆にまるでせきをきったかのように急に激しく腰を降ってきました。

 いつものあやかはホテルの中で裸になって抱きしめ合うのに夜の海で夜風に吹かれながら二人とも服を着たままで恥ずかしいところをあらわにして感じながら腰を振っていることにますます二人は興奮してしまい、takaさんもアッという間にイってしまいました。
スポンサーサイト
[PR]

ペニーオークション
フリーメール取得先 hotmail.canmail ヤフーメール セックス日記 | コメント:0 | Page Top↑
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。